スタッフ紹介

ホーム > 進ゼミについて > スタッフ紹介 > 金子 拓男 先生

ここから本文です。

金子 拓男 先生

金子 拓男 先生
かねこ たくお

中学・高校時代の部活

中学時代: 陸上部。中距離を走っていました。
高校時代: GHQ(Go Home Quickly)。いわゆる帰宅部です。帰るのは家ではなくアルバイト先でしたが・・・

感動した本

「ものぐさ精神分析」(岸田 秀)
難しい内容を、こんなにも分かりやすく書くことができるものなのだなぁ、と感心しました。また、ものごとの見方にはいろいろな方法があるということも学び、世界が広がった気がしたのを覚えています。

好きな言葉・座右の銘

「やればできる」「自主自律」
手をつけてみれば案外どうにかなってしまうものだ、という考えと、自らを律しながら主体的に行動することを心がけています。

進学ゼミナールで仕事をしようと思った理由

ものごとを教えるのが好きだということが第一です。また、子供と接することが好きなので自分に合っているのではないかと思っています。

仕事のやりがい

高校受験という大きな壁に向かって生徒の気持ちを向上させ、やる気に火をつける。こちらの思いが通じ、勉強に対する姿勢が変わっていく。そんな様子や、自ら決めた目標を達成して喜ぶ姿を見ることは講師冥利に尽きます。
多人数であれば一人一人に対してここまでの感動を共有することはないでしょう。そこは進学ゼミナールの少人数徹底指導をだからこそ味わえるものです。
こちらの指導に対し感謝の言葉を頂くこと。それが何よりのやりがいに感じます。

生徒への一言メッセージ

何かを変えたいと思うなら、まずは行動してみよう。そこから全てが始まります。

将来の夢・目標

仕事と家庭と両立して、良い講師、良い父親になることです。

お電話・メールでの資料請求、お問い合わせはこちら

体験・講習お申込

お問い合わせ・資料請求