スタッフ紹介

ホーム > 進ゼミについて > スタッフ紹介 > 千原 拓二 先生

ここから本文です。

千原 拓二 先生

千原 拓二 先生
ちはら たくじ

中学・高校時代の部活

中学時代: バレー部。セッターをやっていました。
高校時代:部活ではないですが、バンド少年でした。

感動した本

重松清さんの小説は読みやすく、なにより文章が「優しい」です。
学生にはぜひお勧めです、入試にもよく使われます。

好きな言葉・座右の銘

「世界は自分を映し出す鏡」
ドイツの哲学者、ショーペンハウア―の言葉です。世界のとらえ方は自分の意志次第。映画「ライフイズビューティフル」にたびたび登場します。この映画は古いですが、本当に素晴らしいのでぜひ見ていただきたいです。

進学ゼミナールで仕事をしようと思った理由

子供たちに、本気で真剣に頑張る大人のすがたを見せたかったから。

仕事のやりがい

生徒の成績が上がり、志望校に合格したとき、本当に心からありがとう、と言ってもらえることです。

生徒への一言メッセージ

欲しいものを欲しいという勇気を持って、後悔のない青春を送りましょう。

将来の夢・目標

良い人生だったと最期に言えるように生きること。

お電話・メールでの資料請求、お問い合わせはこちら

体験・講習お申込

お問い合わせ・資料請求